利用規約

TokoFit会員規約                                                     
以下の条項をよく読み、承諾したうえで本クラブのサービス・施設をご利用ください。

名称及び所在地
第1条
本クラブの名称はTokoFit(トコフィット)(以下、「本クラブ」)と称し、所在地は本文末尾に明記します。

運営・管理
第2条
本クラブの運営・管理は(メンバー資格の得喪変更、会費・諸費用の収受、会員規約の制定・改廃等の決定手続きを含む)合同会社10secondsforlife(以下、「会社」)が行います。

目的
第3条
本クラブの会員が、本クラブのサービス、施設を利用して、心身の健康の維持、増進を図るとともに、会員相互の親睦を深め、クラブライフをエンジョイすることを目的とします。

入会資格
第4条
本クラブは会員制とし、満18歳以上の健康で、入会する際に会社が定める会員種別、本規約を承諾した方とします。
以下の場合入会を受け付けることが出来きません。
① 会社が定めた契約書の内容を守れない方
② 伝染病・感染症・皮膚病・高脂血症・精神病などの疾患の方
③ 医師より運動を止められている方
④ てんかん症をお持ちの方
⑤ 著しく、聴力、視力の弱い方
⑥ 妊娠中の方
⑦ 暴力団組織員、及びその関係者
⑧ 医師の診断により、施設の利用に問題があると判断した方
⑨ 会社が他会員、会社の社員、アルバイトに迷惑をかける恐れ、もしくは好ましくないと判断した方
⑩ 本クラブの会則・館内掲示を理解できない方

入会手続き
第5条
1 本クラブに入会をする方は所定の入会手続きを行い、会社の承認を得た上、定める会費・入会諸費用をお支払いいただきます。また、必要により医師の健康証明書の提出を求める場合があります。
2 未成年者の利用は、各地域の条例に定められた時間までとし、本人と保護者の連盟での申し込み手続きをとらなければなりません。保護者は、自らメンバーになった場合と同様に本規約に基づく責任を本人と連携して負担し本規約20条に定める危険負担と本クラブの免責につき同意するものとします。

入会金
第6条
会員は、本クラブの定める入会金を所定の方法で本クラブに支払わなければなりません。なお、当該入会金は入会契約締結及び履行のための必要費用であり、一旦納入した入会金は返還しません。


予約
第7条
1パーソナルトレーニングの予約は本クラブが定めた所定の方法で行います。
2会員本人の都合で契約回数を消化できない場合、原則として翌月の繰り越しはできません。
3翌月の予約は毎月25日からお願いいたします。

遅刻・キャンセル
第8条
1会員本人の都合(交通状況含む)による遅刻の場合は、いかなる場合も延長はできません。
2キャンセルは前日までは振替可能とし、当日キャンセルは1回まで振替可能、その後は時間変更のみ受け付けます。
3連絡、予約サイトからのキャンセルがない場合などは1回分消化とし振替は不可とします。

フリートレーニング
第9条
パーソナルトレーニングセッション以外の時間は自己の危険負担においてフリートレーニングを行うこととします。

資格停止及び除名
第10条
会員が次のいずれかに該当した場合、会社はその会員に催告をなし、資格停止処分、あるいは除名処分などの処分をなすことが出来ます。

① 本会則、その他クラブが定める諸規則に違反したとき
② 本クラブまたは会社の名誉を傷つけ、秩序を乱したとき
③ 諸会費・諸料金の支払いを怠ったとき(未払い分の月会費・諸費用はすべて納入していただきます)
④ 入会に際して、本クラブに虚偽の申告をしたとき
⑤ 会社が本クラブの会員としてふさわしくないと判断したとき
⑥ 本クラブの施設設備など、故意に損壊したとき

会員資格の喪失
第11条
会員は以下の1つに該当した時、その資格を失います。

① 退会したとき②除名されたとき③死亡したとき④本クラブを閉業したとき
また、会員が資格を喪失した場合には、本クラブから貸与されている物品がある場合には速やかに返還してください。

メンバー資格の譲渡禁止
第12条
会員はいかなる場合においても、その資格を他に譲渡・貸与(相続を含む)することはできません。

会費等の支払い
第13条
会員は本クラブが定めた会費・諸料金を所定の方法で、所定の期日までに本クラブに納めなければなりません。会費等の種類、金額、支払期限及び支払方法等は本クラブが定めるものとします。(月会費は、会員が本クラブの会員資格を有する限り、現実に本クラブのサービス、施設を利用しない場合においても、支払い義務が発生します)

休会
第14条
1. 会員は、各月の20日までに、本クラブ所定の休会届を提出することにより、翌月から休会することが出来ます。本クラブの事務手続き上、20日を過ぎた場合は翌々月扱いとなります。
2. 休会は1ヵ月単位とし、休会申込時に期限を書面にて申請してください。休会期間の延長を希望する場合は、休会最終月の20日までに再度休会届を提出することにより延長が可能です。
3. 休会期限が過ぎた後は、自動的に復会になります。

会員種別の変更
第15条
会員は、各月の20日までに、本クラブに所定の変更届を提出することにより、翌月から会員種別を変更することが出来ます。20日を過ぎた場合は、本クラブの事務手続き上、翌々月扱いになります。

退会
第16条
会員本人の都合による退会は、各月の20日までに本クラブに所定の退会届を提出することにより、その月末限りで退会することが出来ます。電話口頭での退会は受け付けません。20日を過ぎた場合は、本クラブの事務手続き上、翌月末扱いになります。なお、本クラブが退会届を受理しない限り会費支払い義務は発生するものとします。

休業
第17条
1 本クラブは原則として2に表記する日を定休日及び季節休業日とします。
また、その季節休業のほか、施設点検・修繕・その他本クラブの都合により休業することがあります。なお、休業に関してのお知らせは原則として2週間前までに館内掲示します。ただし、施設安全管理の面から緊急工事が必要な場合など緊急の事態が発生した場合には、あらかじめ掲示することなく一部または全部の施設を休業することが出来るものとします。
2 年末年始、ゴールデンウィーク、お盆。また研修会・施設点検・修繕などやむをえない事由があるときは臨時休業とします。

施設の廃止・利用制限等
第18条
① 本クラブは次の事由により本クラブの一部または全部を閉鎖または臨時休業することが出来ます。
1 気象・風水火災害、地震、近隣の事故等で本クラブの業務遂行に支障があるとき
2 施設の改造または補修工事実施のとき
3 法令の制度改廃、行政指導、社会情勢経済状況の著しい変化があったとき
4 施設の使用権限が消滅する等運営に影響が生ずる事情が発生したとき
5 その他閉鎖または臨時休業の必要があると認めらたとき
② 本クラブは、施設を利用して一般を対象としたスポーツスクール等を、あらかじめ館内掲示することにより開催することができます。なお、会員はこれらのスクールで使用する間の当該施設は原則として利用できないものとします。この場合、会員に対する補償はできません。

盗難・紛失・事故・忘れ物
第19条
1 会員は、自己の責任と危険負担において、他の会員と協調して、本クラブを利用するものとします。
2 本クラブは、会員の本クラブ及び駐車場利用に際して生じた盗難・紛失・怪我・その他事故について、会社に帰すべき事由がない限り、一切の責めを負いません。メンバー同士の本クラブ内外でのトラブルについても同様とします。
3 忘れ物に関しては、原則として一定期間保管後、持ち主が現れないと判断したら処分します。

損害賠償
第20条
1 本クラブの施設及び駐車場利用に際して、本人、または第三者に損害を与えた人的・物的事故について、会社は一切損害賠償の責めを負いません。但し、会社の設備に不備があった場合は一定の補償をします。
2 会員が本クラブの施設利用に際して、会社または第三者に損害を与えた場合、速やかにその賠償の責めに任じます。
3 会員が本クラブの施設・設備などを故意に損壊・紛失した場合は、速やかにその賠償の責めに任じます。

入場禁止・退場
第21条
会社は会員が下記の項の一つに該当する場合は、その会員の本施設への入場禁止及び退場を命じることが出来ます。
① 感染症・皮膚病、精神疾患の方
② 医師より運動を止められている方
③ 酒気を帯びている方
④ 健康状態を害しており、運動をすることが好ましくないと判断される方
⑤ 他の施設利用者に迷惑をかけると判断される方

禁止事項
第22条
会員は以下の事項を禁止します。
① 許可なく物品の販売やパーソナルトレーニングなどの営業行為をすること
② 他人を誹謗中傷すること
③ 他人に対する暴力行為や威嚇行為
④ 痴漢・覗き・露出など公序良俗に反する行為
⑤ 施設内に落書きや造作をすること
⑥ 危険物を本クラブ内に持ち込むこと
⑦ 本クラブ内での喫煙
⑧ 他人に対して宗教及びそれに類する勧誘の行為
⑨ 他人に対する選挙活動の行為

変更事項
第23条
会員は、住所または連絡先等入会申込書記入事項に変更のあった場合は速やかに所定の書面で届けるものとします。
諸費用の改定
第24条
本クラブは、本規約に基づいて会員が負担すべき費用を、運営上必要と判断した場合、経済情勢の変動に応じて、会員種別の改廃、もしくは、諸会費・諸料金などの金額を変更することができ、クラブ内掲示などにおいて告知するものとします。

クラブの解散
第25条
本クラブがやむをえない事情の場合、1か月前までに告知を行い、解散することができます。

会則の改定
第26条
会社は必要と認めた場合、本会則の改定を行うことが出来ます。

細則
第27条
本規約に定めていない事項及び業務遂行上必要な細則は本クラブが定めるものとします。