フォト( 光 )ラジオ波 ( 電磁波 )治療

フォトフェイシャル+高周波

フォトフェイシャルとは、1998年にアメリカのDr.Bitterが発見し、現在米国では最新のアンチエイジング治療として人気の高い治療法です。今まで従来のレーザー治療後はかさぶたや炎症後色素沈着などの問題が生じてしまいました。しかし、フォトフェイシャルではそのようなことは起こらず、APL(Advance Pulse Light)という光を顔全体に照射する事で顔中のあらゆる皮膚トラブルを改善に導きます。これに、毛穴の縮小、しわの改善を主とした高周波を同時に複合した進化型が、フォトRFです。フォトフェイシャルと高周波の2つのエネルギーの相乗効果で、より少ないエネルギー(つまり痛みもなく)で大きな効果を得られるのが特徴です。

フォトリファーム

波長700~ 2000n m の赤外線 ( IR ) と RF を組み合わせたフォトリファームは、はじめに皮膚を赤外線で加熱、その後 RF によって真皮全体に均一な熱エネルギーを与えます。
加熱された真皮全層の創傷治癒過程におけるコラーゲンの増生・リモデリングにより、肌の引き締めやハリ感のアップが期待できるスキンタイトニング治療です。