白鳥の話~中勘助 鳥の物語より/朗読と大きな紙芝居 配信公演


70年前の静岡服織の子供たちへ
中勘助からの贈り物を、いま、お届けします。


終戦直後、静岡市葵区に疎開していた作家・中勘助が近所の子供たちのために書いた童話、白鳥の物語。

少し難しくなってしまった童話であったが、中勘助はあとがきに、
「童話は成長しないが、子供は成長する。」と記している。

完成よりちょうど70年の今年、
大きくなった子供たちに贈ります。

朗読:たきいみき
演出・脚色・イラスト:生坂英昭
演出(イラスト) : 浦田 英士  
共同脚色 : 蜜月のよるくま
舞台監督 :小田 史一
舞台プラン :中村 良男
制作 ヒノ影 アラン
制作協力 松延 義晴


*新型コロナウイルスの感染状況などにより、配信スタートの日時などに変更のでる場合がございます。
ご了承くださいませ。
変更などが生じました際には、http://mikitakii.com/にてお知らせいたします。

終了しました。