RESERVA利用規約

総則レゼルバペイメント利用者向け個別規定レゼルバペイメント利用者のお客様向け個別規定

総則

本利用規約及び本利用規約に関連する個別規約(以下「本規約」と総称します。)は、株式会社コントロールテクノロジー(以下「当社」といいます)がRESERVA(レゼルバ)のウェブサイト(https://reserva.be/ 以下、「本件サイト」といいます。)を通じて提供する、予約マッチングサービス及び予約データを管理するためのサービス(以下「本件サービス」といいます。)を利用する全ての個人又は法人に適用されます。

第1条 本規約の適用
1. お客様は、本規約の内容について同意の上、当社が指定したオンラインもしくはオフラインによる手続きにて、当社に本件サービスの利用申込(以下、「利用申込」といいます。)をすることにより、本件サービスをご利用することができます。
2. お客様は、本件サービスを利用することにより、本規約のすべての規定に同意したものとみなします。なお、本利用規約と個別規約の定めが相互に矛盾又は抵触する場合には、個別規約の定めが優先するものとします。
3. 本規約に同意いただけない方は、本件サービスを利用することはできません。

第2条 用語の定義
1. 「会員」とは本件サービスに会員登録をした個人又は法人を指します。
2. 「お客様」とは会員、会員登録の申込者、サービス提供申込者、本件サイトの閲覧者、その他本件サイトを利用(「利用」には、サイトの閲覧、投稿、書込みを含みます。)する全ての個人又は法人を指します。
3. 「サービスプロバイダ」とは、本件サービスにおいて、予約の対象となるサービスを提供する又は提供しようとする個人又は法人を指します。
4. 「提供サービス」とは、サービスプロバイダが提供し又は提供しようとする、本件サービスにおいて予約の対象となる役務を指します。
5. 「提供サービス利用者」とは、サービスプロバイダによる提供サービスを利用する又は利用しようとする個人又は法人を指します。

第3条 会員登録
1. 本件サービスの提供を受けるため、予約の申込みをしようとする提供サービス利用者および提供サービスを提供しようとするサービスプロバイダは、本規約に合意した上で当社所定の手続により会員登録申込みをするものとします。
2. 当社は、第1項の登録申込みがあった場合、下記の事由に該当すると当社がその裁量によって判断する場合、当該申込者の登録をお断りすること(会員登録後に下記の事由に該当することが判明した場合を含みます。)があります。この場合、当社は申込者に対してその理由を開示しません。
(1) 本規約に定める禁止事項に違反する場合
(2) 過去に本規約に違反したことがある、もしくは当社が不適切であると判断した者からの会員登録の申込みである場合、又は、過去にそのような者に該当したお客様からの会員登録の申込みである場合
(3) 申込者が、当社、他の提供サービス利用者又はサービスプロバイダとの意思疎通が困難と認められる場合
(4) 申込者が未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合
(5) 申込者が反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を指します。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っている場合
(6) その他会員登録の申込みを受け付けることについて当社が不適切と判断した場合

第4条 会員資格
1. 本件サービスの利用者が個人の場合、無料サービスの利用者は利用申込時点で満13歳でなければなりません。
2. 有料サービスの利用者は利用申込時点で満18歳以上でなければなりません。

第5条 利用上の注意
1. お客様は本件サービスを利用するにあたって必要な通信環境、ハードウェア及びソフトウェアを自己の責任と費用負担によって準備し、本件サービスを利用するものとします。本件サービスの利用に伴う通信費用はお客様の負担となります。
2. 会員登録手続では、必要な情報を虚偽なく正確に入力するものとします。メールアドレスは日常的に利用し、受信内容を日常的に確認できるものを利用するものとします。
3. 会員は、登録に必要な会員IDとパスワードを会員自身の責任によって管理するものとします。
4. 会員は、第三者にその会員ID及びパスワード、本件サービスの利用契約上の地位、個別規約から生じる契約上の地位、及びこれらにより生じる権利義務について、利用許可・譲渡・売買・貸与・承継・担保設定、その他の処分をすることはできません。
5. 会員は、ID及びパスワードを第三者に利用されないよう、容易に推測できないパスワードや定期的な変更等の手段により、会員本人が責任をもって管理するものとします。
6. 入力されたID及びパスワードが会員登録されたものと一致することを当社が確認した場合、会員本人による利用があったものとみなし、万一それらが盗用、不正使用その他の事情により会員本人以外の者が利用している場合であっても、それにより生じた損害等について、会員の故意や過失の有無を問わず当社は一切の責任を負いません。会員本人以外のお客様は、パスワードの不正使用によって当社又は第三者に損害が生じた場合、当社及び第三者に対して、当該損害を賠償するものとします。
7. 当社は、下記の事由に該当する場合に、当社の裁量によって、お客様の投稿コンテンツを事前の通知無く削除、配信の停止、内容の修正、非公開化を行うことができるものとします。
(1) 本規約に違反した場合。社会通念や本規約の精神に照らして不適切と判断された場合。
(2) 不快又は違反の報告が他のお客様からあった場合。
(3) 本件サービスに対する支払い、もしくは、当社が提供するサービスに対する支払いが滞った場合。
(4) その他当社が不適切と判断した場合
8. お客様の不注意によって発生した事故及び損害はお客様が全ての責任を負い、一切責任を負わないものとします。
9. お客様の不注意によって発生した事故及び損害について当社は一切調査を行わず、対応しないものとします。
10. 当社は、当社の権利・財産やサービス等の保護、又は第三者の生命、身体もしくは財産の保護等の目的から差し迫った必要があると当社が判断した場合には、必要な範囲内でお客様コンテンツを裁判所や警察等の公的機関に開示・提供することができるものとします。
11. 本件サービスは日本国内において提供されるものであり、当社は、お客様が本件サービスを日本国外で利用したことに関連して生じた損害について一切の責任を負いません。

第6条 禁止事項
本件サービスの利用について、お客様の故意又は過失を問わず、以下の各項に該当すると当社が判断する行為を禁止します。お客様が禁止行為を行った場合は、当社は、事前の告知なく該当箇所の削除や本件サービスの利用停止、会員資格の剥奪、投稿コンテンツの削除、その他必要と認められる措置を事前の通知なく当社の裁量によって実施するものとします。
1. 本規約や個別規約に違反する行為
2. 商業行為
(1) 当社の許可なく、本件サービスを第三者に転売、運用代行、サポート業務と称して直接・間接問わず金銭を得ること、及びその他当社が承諾していない目的での利用および二次利用、配布する行為は一切禁止します。但し、当社のパートナープログラムに参加されているパートナー、販売代理店及び業務提携先に関してはこの限りではありません。
(2) ポータルサイト、アプリ等からRESERVA予約サイトにリンクする行為は一切禁止します。但し、当社がパートナープログラム及び業務提携により承認したポータルサイト及びアプリに関してはこの限りではありません。
(3) 本件サービスを複製する行為。
(4) 宣伝・告知・勧誘・アクセス数向上などを目的とする投稿コンテンツであって同一趣旨でなされる複数回の投稿又は発信行為(スパム、マルチポスト等。)
(5) 政治活動及び宗教活動。但し、サービスプロバイダであって、当社が明示的に許可したものは、この限りではありません。
(6) 本件サービスとは関連性がない又は関連性が著しく小さいと当社がその裁量により判断する団体やサービス、宗教、活動への勧誘行為。
(7) ねずみ講、マルチ商法、マルチレベルマーケティング、チェーンメール、又はこれらに類すると当社がその裁量により判断する内容の掲載・勧誘 本件サービスの利用は、お客様本人の利用のためのみに制限されます。
※利用方法が本規約に抵触しているかご不明な場合は、お問い合わせフォームからご連絡ください。
3. 反社会的行為、不法行為、営業妨害行為
(1) 法令又は公序良俗に反する行為。これらの請負、予告、助長、その他の関与行為
(2) セクシャルハラスメント、ストーキング、その他第三者に対する嫌がらせ行為
(3) サービスプロバイダに対してその趣旨に沿わない予約要求や、問合せを必要以上に反復的に繰り返す等の営業妨害行為
(4) 適法でない、又は適法か否かについて判断がつきにくいと当社がその裁量により判断した医療行為
4. わいせつ、性的な内容を示唆する表現、暴力的な表現
(1) 公序良俗に反する事項や表現を記載する行為
(2) 性的な内容、又は、性的な内容を暗黙的に示唆する表現を記載する行為
(3) 芸術性の有無に関わらず、露出度の高い画像の投稿行為
(4) グロテスク・暴力的な表現の投稿行為
(5) 未成年者の人格形成等に悪影響を与えると当社がその裁量により判断する行為
(6) 民族、人種、性別、年齢による差別につながる表現行為
(7) 他のお客様が不快と感じる表現の投稿行為
(8) その他、当社がその裁量により不適切と認める表現・投稿・書込み行為
5. 出会い目的行為
(1) 異性との出会いを希望する行為。同性間であっても異性との出会いを希望する行為に準ずる行為
(2) 性的交渉の勧誘行為
6. 個人情報掲載行為
本件サービスの定める箇所以外での、公衆の縦覧下にある箇所における個人を特定できる情報の掲載行為(メールアドレス、金融機関口座番号、電話番号、詳細な住所等)。但し、サービスプロバイダであって当社の許可を得たものはこの限りではありません。
7. その他
(1) 当社や他のお客様、第三者の著作権やその他の権利や名誉、プライバシーを毀損する行為
(2) 本件サービスを通じて得られた他の会員の情報や機密情報を当該会員の事前の同意無しに本件サービス以外の目的で利用し、又は第三者に提供する行為
(3) 本件サービスの改ざん・破壊行為(不正プログラム・ウイルスの送信を含みます。)、本件サービスの脆弱性やバグ・仕様不備の利用、人為的な高負荷の発生行為
(4) 虚偽の情報記載による他人へのなりすまし行為
(5) 本件サービスの利用権や利用に関する地位の第三者への譲渡、共有、交換行為
(6) 利用の停止、会員資格の取り消しの措置を受けた者が、繰り返し本件サービスを利用、登録を試みる行為
(7) 当社の裁量によって不適切と判断するすべての行為

第7条 免責事項
1. 内容の妥当性についての非保証
(1) 本件サービスはサービスプロバイダと提供サービス利用者との間の提供サービスに関するやりとりを媒介するシステムを提供しているに過ぎす、本件サービス上で提供される全ての情報に関する、正確性、信頼性、安全性、適法性、道徳性、最新性、有用性、適合性、完全性、妥当性、提供サービス利用の結果当事者の希望が満たされるかの担保、その他当該情報の内容について、当社はいかなる責任も負いません。
(2) 本件サービス内には本件サービス以外の他のサイトへのリンクが含まれる場合がありますが、他のサイトで得られる情報について、当社はいかなる責任も負いません。
(3) お客様が本件サービスを利用することが、お客様の所属する組織や業界団体の内部規定に違反するか否かは、お客様が自らの責任と費用で調査、判断するものとし、当社はお客様の本件サービスの利用がかかる違反が存在しないことを保証しません。
(4) サービスプロバイダと提供サービス利用者が提供サービスのやり取りを行う場合、提供サービスが提供される場所、時間、その他の状況を踏まえ、提供サービスの提供及びその利用に伴うリスクを双方の当事者が十分に理解した上で自己の責任で提供サービスの提供及び利用を行うものとします。例えば、物品・金銭の紛失や破損、傷害・暴行又はそれに準ずる行為、性的な嫌がらせをはじめとする双方又はいずれかが不快に感じる行為、その他公序良俗に違反する行為や不法行為が発生した場合も、当社はその損害や不利益について、いかなる賠償責任も負いません。
(5) お客様は、本件サービスが不特定又は多数者の利用に供されることを前提に、当社の関与しない情報掲載又は取引については、ご自身の費用と責任においてご対応頂くことを予めご承諾頂くとものとします。万が一、サービスプロバイダ又は提供サービス利用者が虚偽の情報を掲載し、あるいは虚偽の取引に及び、これによってお客様が損害を被った場合でも、当社が責任を負うことはありません。また、サービスプロバイダ又はサービス利用者が運営主体を偽る等方法をもって、こうした情報掲載、取引に及んだ場合も同様とします。
(6) 当社は本件サービスを利用するお客様に対して適宜情報提供(例えば、おすすめやアドバイス等)をすることがありますが、これらの内容の有用性・妥当性・正確性を保証するものではなく、これらに従った結果について、当社はいかなる責任も負いません。
2. システムについての非保証
(1) お客様が使用する機器、設備又はソフトウェアが本件サービスの利用に適さない場合であっても、本件サービスにかかるシステムの改変、修正を行う義務を当社は負いません。
(2) 当社は、本件サービス並びに本件サービスに関連して当社から送られる電子メール及びコンテンツに、コンピューターウィルス等の有害なものが含まれていないことを保証しません。
(3) 不正アクセスや脆弱性攻撃によりお客様に生じた損害について、当社はいかなる責任も負いません。
(4) 本件サービスのアクセス不能、障害又はバグの発生等の瑕疵及び仕様不備について当社はいかなる責任も負いません。
(5) 通信回線、ソフトウェア、ハードウェアなどのパフォーマンスの低下、障害、不正アクセスにより、本件サービスのシステムの中断・遅延・中止等によって生じたいかなる損害についても、当社は一切の責任を負いません。
3. 外部サービス
(1) 本件サービスはGoogle、Facebook、Twitter等の外部サービスと連携してサービスを提供することがあります。
(2) 外部サービスと連携した本件サービスを利用する場合は、お客様は、自らの責任において外部サービスを利用するものとします。外部サービスの仕様によっては、外部サービス上に投稿内容が表示される場合がありますが、当社は外部サービス上の当該投稿内容について編集ないし削除する義務を負いません。
4. 上記の各項目の他、本件サービスの利用にあたってお客様及び第三者に生じた一切の損害、及び、本件サービスを利用できなかったことによって生じた損害について当社はいかなる責任も負いません。

第8条 本件サービスの中断・終了・変更等
1. 当社は、本件サービスの運用上・技術上の利用により、本件サービスの提供を中断する必要があると判断した場合は、事前の告知なく任意の期間、本件サービスの全部又は一部の提供を中断することができます。
2. 当社は、何らの事前の予告なく、当社の裁量によって本件サービスの全部又は一部の内容を変更又は終了することができるものとします。
3. 前二項の中断、変更又は終了に関連して発生した損害について、当社はお客様及び第三者に対していかなる責任も負いません。

第9条 サイト利用停止、会員資格の剥奪
会員が下記のいずれかの事由に該当する場合には、当社は会員に対する事前の通知を行うことなく、会員資格を取り消すことができるものとし、会員はあらかじめこれを承諾するものとします。
(1) 本規約に違反した場合。
(2) 不法行為を行い、又は法令等に違反したとき。
(3) 当社への申告、届出内容に虚偽があった場合。
(4) 過去に本サイトの会員資格が取り消されていることが判明した場合。
(5) 支払手形または小切手を不渡にし、または支払を停止した場合。
(6) 強制執行、仮差押、仮処分もしくは競売の申立を受け、または滞納処分を受けた場合。
(7) 破産、特別清算、会社更生または民事再生の開始決定の申立があった場合。
(8) 銀行取引停止処分を受けたとき。
(9) 監督官庁から営業停止、または営業の免許もしくは登録の取消の処分を受けた場合。
(10) 財産状態が悪化し、またはその恐れがある場合。
(11) 虚偽の内容を記載・投稿したと当社がその裁量により判断したとき。
(12) 提供サービスの利用、又は提供サービスの提供において誠実な対応や義務の履行がなされなかったとき。
(13) 当社又は本件サービスの信用を毀損し、又は当社の営業を妨害したとき。
(14) 他のお客様、会員、第三者とのトラブル、クレーム又は違反報告が当社の定める一定の基準に到達したと当社が判断したとき。
(15) 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずるもの。以下「反社会的勢力等」といいます)であること、または違法献金、脅迫的行為、信用毀損行為、業務妨害行為、詐欺行為、組織的犯罪行為、法的責任を超えた不当な要求行為に関与したことが判明した場合。
(16) 自らまたはその役職員と反社会的勢力等との間に、直接または間接を問わず何らの資金上その他の関係があること、もしくは、自らおよびその役職員が反社会的勢力等に対して名目の如何を問わず資金提供またはそれに準ずる行為があることが判明した場合。
(17) 反社会的勢力等に属する者またはそれらと密接な関係を持つ者を取締役に選任しまたは従業員として雇用し、また、反社会勢力等が経営に関与した場合。
(18) 会員及び運用管理者が90日以上にわたって所在不明または連絡不能となった場合。
(19) 本サイトの運営を意図的に妨害していると当社が判断した場合。
(20) その他当社が会員として相応しくない、又は継続した本件サービス利用に相応しくないと判断したとき。

第10条 紛争処理
1. 本件サービスにおいては、サービスプロバイダと提供サービス利用者との間で提供サービスに関する全ての契約が成立するものとし、万一提供サービスに関して紛争が発生した場合は当該当事者間で紛争を解決するものとし、紛争の処理や紛争によって生じた損害について、当社はいかなる責任も負いません。また当該紛争によって当社又は第三者に損害が生じた場合、サービスプロバイダ及び提供サービス利用者は連帯して、当社及び第三者に対して、当該損害を賠償するものとします。
2. 本件サービスの利用に関連し、会員が他の会員又は第三者からクレームや利用規約の違反報告を受けた場合は、ただちに当社に通知し、当該会員の責任と費用によって解決するものとします。
3. 会員による本件サービスの利用に関連して、当社が、他の会員その他の第三者から権利侵害その他の理由により何らかの請求を受けた場合は、当該会員は、当該請求に基づき当社が当該第三者に支払いを余儀なくされた費用(当社の弁護士費用を含みます。)や賠償金を賠償するものとします。

第11条 個人情報の取り扱い
当サービスでの個人情報の取り扱いにつきまして、以下の事項にご同意の上、ご利用ください。ご同意いただけない場合は誠に申し訳ございませんが、サービスをご利用いただけません。

1.個人情報の利用目的
当社は、お客様の個人情報を、以下の目的で利用致します。
・ 当社サービスの提供のため
・ 当社サービスに関するご案内、お問い合わせ等への対応のため
・ 当社の商品、サービス等のご案内のため(当社からのメールマガジンの配信に同意していただきます。)
・ 当社サービスに関する当社の規約等に違反する行為に対する対応のため
・ 当社サービスに関する規約等の変更などを通知するため
・ 当社サービスの改善、新サービスの開発等に役立てるため
・ 当社サービスに関連して、個別を識別できない形式に加工した統計データを作成するため
・ その他、上記利用目的に付随する目的のため
2.個人情報の第三者提供、委託について
取得した個人情報をご本人の事前の同意を得ることなく、第三者に提供することはございません。また、当サービスの遂行のために個人情報の安全水準を保った委託先に業務の一部を委託しております。
3.任意性及び本人に生じる結果
お客様が当社に対して個人情報を提供されることは任意となります。なお、個人情報をご提供いただけない場合、また、正しくご入力されていない場合、サービスをご提供できない場合や適切な対応を行えない場合がございますので、ご了承下さい。
4.開示等の手続について
当社では、開示対象個人情報に関して、ご本人の情報の開示等(利用目的の通知、開示、内容の訂正、追加又は削除、利用の停止、消去及び第三者への提供の停止)を希望される場合には、お申し出いただいた方がご本人或いはその代理人であることを確認した上で、合理的な期間及び範囲で回答、情報の訂正、追加又は 削除、利用停止、消去をします。詳しいお手続きにつきましては以下の個人情報問合せ窓口にお問い合わせください。ご案内いたします。
【問合せ窓口】
窓口の名称:個人情報問合せ窓口
連絡先住所:〒107-0052
東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル7階
電話/FAX :電話:03-6441-0595 FAX:03-6700-1847
電子メール:privacy@controlgroup.jp
5.個人情報の取扱事業者の名称及び個人情報保護管理者
株式会社コントロールテクノロジー 個人情報保護管理者 代表取締役 谷本 秀一

第12条 著作権
1. お客様は、本件サービスにおいて、自らの責任と費用で必要な著作権者の承諾を得、文章・画像・動画等によって構成される投稿コンテンツを投稿・編集することができます。当該投稿コンテンツについての著作権は、お客様又は他の権利者に留保されるものとします。
2. 前項の投稿コンテンツについて、お客様と第三者又は権利者との間に紛争が発生した場合、当該お客様はその責任と費用負担で当該紛争を解決する責任を負います。
3. 当社、当社の提携先、当社から業務の委託を受けた者は、会員等が提供した情報について、それらを複製、翻訳、転載、出版、営業利用、公衆送信、頒布、加工、編集、媒介する権利を有するものとします。
4. お客様は、前項に基づく当社による著作物の利用について、著作者人格権を行使しないものとします。
5. 本件サービスに含まれる第1項のお客様による投稿コンテンツ以外の情報、ノウハウ、ソフトウェア又はそれらに付随する知的財産権、使用権、管理権限等を含むその他の権利は、当社又は特定の第三者に帰属します。当社から事前に書面で承諾を得ない限り、これら一切の権利を複製・翻案・販売・転載・送信・出版、その他名目・方法・態様の如何を問わず、お客様以外の第三者に対する利用の提供又は再利用の許諾をいずれも行わないものとします(有償無償を問いません。)。

第13条 有料サービスの利用料
1. 有料サービスの利用料は、契約者による本サービスのご利用の有無にかかわらず、有料サービスの契約日から発生するものとします。
2. 有料サービスの利用料の支払方法については、クレジットカード決済その他当社の定める方法によるものとします。
3. 有料サービスの利用料のお支払日は当社が別途定める場合を除き、初月支払日から毎月同日に翌月分の利用料を支払うものとします。
4. 当社は、有料サービスの利用料の価格を変更することができるものとします。利用料の価格を変更する場合、当社は、契約者に対し、変更後の価格を事前に告知するものとし、契約者が退会手続を行わない場合、契約者は当該変更後の価格に同意したものとみなします。

第14条 返金について
当社は、契約者から当社に対して支払われた有料サービスの利用料に関しては、一切返金に応じないことにつき、契約者はあらかじめ了承するものとします。

第15条 規約の追加・変更
1. 当社は、本規約及び個別規約について、お客様に対する事前の通知なくして、随時変更できるものとします。また、当社は本規約及び個別規約を補充する規約の追加もできるものとします。
2. 本規約及び個別規約が変更された場合や、新たに本規約及び個別規約を補充する規約の追加があった場合、当該変更又は追加後の本件サービスの利用には当該変更及び追加後の本規約及び個別規約が適用されるものとし、本件サービス上での掲出により、掲出された時点よりその効力を生じ、お客様は当該変更に同意したものとみなされます。

第16条 規約の譲渡可能性
当社は、本件サービス及び関連する事業を他社に譲渡した場合(会社分割による場合も含みます。)は、本規約に基づく権利義務、契約上の地位、会員登録事項や顧客登録情報等の本件サービス上の情報を譲受人に譲渡できるものとします。本項目の定める内容について会員は予め合意したものとします。

第17条 分離可能性
本規約に定める条項の一部が法令上無効であるとされた場合であっても、無効とされた当該条項以外の本規約に定める条件については、引き続き有効なものとして適用されるものとします。無効とされた条項についても会員と当社は当該条項の趣旨に則り行動するよう努めるものとします。

第18条 準拠法、管轄裁判所
本規約の準拠法は日本法とします。会員と当社は、本規約に関連する訴訟について、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


レゼルバペイメント利用者向け個別規定

1. 当社は、本件サービス会員のサービスプロバイダが、本件サービスを利用して販売するサービス及び商品の代金の決済手段として、決済サービス(以下「レゼルバペイメント」という)を提供します。レゼルバペイメントを利用する本件サービス会員のサービスプロバイダを「レゼルバペイメント利用者」といい、レゼルバペイメント利用者が本件サービス上で提供するサービスを予約するものを「レゼルバペイメント利用者のお客様」といいます。
2. レゼルバペイメント利用者は、当社に対してレゼルバペイメント利用者及びレゼルバペイメント利用者の事業に関する正確かつ完全な情報を提供することに同意します。
3. レゼルバペイメント利用者はレゼルバペイメントの利用に伴い、以下の各号につき当社に代理権を授与するものとします。
・決済代行会社からの立替払金等の受領
・決済代行会社への通知、審査依頼およ び決済代行会社からの通知等の受領
・その他決済代行会社との取引に関連する事項
4. 当社はレゼルバペイメント利用者が本規約もしくは法令に違反している疑いかあると判断した場合、並びにクレシットカート会社からの要請を受けた場合、レゼルバペイメント利用者に対してレゼルバペイメントの利用内容について調査または回答を請求することかてきるものとします。
5. レゼルバペイメント利用者に支払われる予約代金の売上金額(以下「売上金額」といいます。)は消費税相当額を含みます。
6. レゼルバペイメント利用者のお客様が予約をキャンセルする場合、レゼルバペイメント利用者が事前に登録したキャンセルポリシーに準じたキャンセル処理が行われます。
7. レゼルバペイメント利用者のお客様が予約時に行われた決済は、レゼルバペイメント利用者が予約履行時に行った来店処理によって売上として処理されます。レゼルバペイメント利用者が来店処理を行わない予約については、売上として計上されず、当該予約が作成されてから45日後に自動で不成立予約として売上から除外されます。
8. レゼルバペイメント利用に伴う決済手数料などをレゼルバペイメント利用者のお客様に負担させることはできないものとします。
9. 当社は、レゼルバペイメント利用者に対し、毎月1日から末日の間に履行された予約の予約代金及びキャンセル料の売上金額(消費税相当額を含み、以下「売上金額」といいます。)の合計から、所定手数料(決済手数料、払い戻し及びチャージバック手数料)並びに払い戻し及びチャージバックを差し引いた金額(以下「振込金額」といいます。)を、翌々月15日までに、レゼルバペイメント利用者が本件サービス上で指定し、かつ当社支払を行う口座として適切であると認めた口座(以下、「指定口座」といいます。)に対して支払いを行うものとします。 但し、振込金額が1,000円未満の場合は、翌月に繰り越しになります。
10. レゼルバペイメント利用者は、自らの名義以外の口座を指定口座として指定することはできないものとします。当社から指定口座に対して支払いを行うことにより、当社のレゼルバペイメント利用者に対する支払債務は消滅するものとし、レゼルバペイメント利用者が指定口座を誤って指定した場合でも同様とします。会員が指定口座を誤って指定したことによりレゼルバペイメント利用者に発生した損害について当社は一切の責任を負わず、レゼルバペイメント利用者が指定口座を誤って指定したことにより発生する振込組戻手数料その他一切の費用は、レゼルバペイメント利用者が負担するものとします。
11. レゼルバペイメント利用者は、「特定商取引法に関する表記事項」に正確な情報を掲出した上で、特定商取引法、割賦販売法、不当景品及び不当表示防止法、薬事法、その他関係法令を遵守するものとします。
12. レゼルバペイメント利用者とレゼルバペイメント利用者のお客様間でサービス又は商品に関する契約が解除、取消し、無効等の理由により効力を失った場合、及び約代金の返金請求が発生した場合、また提供サービスの瑕疵・債務不履行・クーリングオフ等の理由によって予約代金の返金請求が発生した場合、当該提供サービス利用者に対して速やかにその返金請求に応じ、返金の義務を負うものとします。レゼルバペイメント利用者は、速やかに当該契約に関連して当社がレゼルバペイメント利用者に対して支払った金額を返金しなければなりません。この場合、レゼルバペイメント利用者は当社に返金手数料を支払いものとします。この場合、当社の裁量で当該返金の額をレゼルバペイメント利用者に対して支払われるべき売上合計金額から控除することができるものとします。
13. 当社から会員に対しての支払いを行う場合、当社は、会員から指定があり、かつ、会員に対する支払を行う口座として適切であると当社が認めた口座(以下、「指定口座」といいます。)に対して支払いを行うものとします。 当社から会員への支払いにかかる銀行振込手数料その他支払に必要な費用は会員が負担するものとします。
14. レゼルバペイメント利用者とレゼルバペイメント利用者のお客様が共謀している等当社が当該レゼルバペイメント利用者の取引を不当と判断した場合には、当社は、支払いの拒否、レゼルバペイメン利用資格の停止、本件サービスの会員資格の停止、除名等の措置をとる場合があるものとし、レゼルバペイメント利用者は予めこれに同意するものとします。この場合、レゼルバペイメント利用者は当該取引が不当でないことを示す資料を当社が認める内容で提出しない限り、本条に定める支払いを受けることができないものとします。当社は、本項に定める措置によりレゼルバペイメント利用者に生じた損害には一切責任を思わないものとします。
15. レゼルバペイメント利用者は提供サービスに変更や瑕疵があった場合は、当該提供サービスを予約したレゼルバペイメント利用者に速やかにその事実を通知しなければなりません。
16. レゼルバペイメント利用者とレゼルバペイメント利用者のお客様間で、予約代金の返金請求について紛争が生じた場合、レゼルバペイメント利用者は自らの責任でレゼルバペイメント利用者のお客様と紛争を解決します。予約代金の返金請求についてレゼルバペイメント利用者に損害が発生した場合であっても、当社は一切の責任を負わないものとします。
17. クレジットカードのチャージバック(クレジットカードの不正利用や詐欺、認知しないクレッジットカードの利用、レゼルバペイメント利用者の返金処理の未実施、重複予約を含む。)が発生したことによる損害およびその他レゼルバペイメント利用者のお客様からの代金回収不能による損害はレゼルバペイメント利用者が負担するものとし、当社は一切負担しないものとします。クレジットカードのチャージバックが発生した場合、レゼルバペイメント利用者はチャージバック発生に係る手数料を当社に支払うものとします。
18. チャージバック請求の発生又はレゼルバペイメント利用者都合のキャンセルによる返金その他の事由によって、売上金額からこれらの費用が控除できない場合には、レゼルバペイメント利用者は当社所定の手続きによって遅滞なく当該債務を当社に支払うものとします。当社は、当該債務の支払いが完了するまで、レゼルバペイメント利用者による本サービスの使用を中断し、制限することができるものとします。
19. 当社の判断により決済機能は予告なく停止・中断する場合があります。決済機能の停止・中断によりレゼルバペイメントに損害が発生する損害について、当社はいかなる責任を負わないものとします。
20. 当社は、レゼルバペイメント利用者が本規約に違反した場合、レゼルバペイメント利用者に対して支払いの拒否、レゼルバペイメン利用資格の停止、本件サービスの会員資格の停止、除名等の措置をとる場合があるものとし、レゼルバペイメント利用者は予めこれに同意するものとします。当社は、本項に定める措置によりレゼルバペイメント利用者に生じた損害には一切責任を負わないものとします。
21. 当社は、レゼルバペイメント利用者の承諾を得ることなく予告なく利用料金や手数料等を改定する場合があり、レゼルバペイメント利用者はこれに同意することとします。また、改定後の料金体系は、当社が定める日から適用されるものとします。


レゼルバペイメント利用者のお客様向け個別規定

1. レゼルバペイメント利用者が本件サービス上で提供するサービスを予約するものを「レゼルバペイメント利用者のお客様」といいます。
2. サービス又は商品の代金決済に利用するクレジットカードはご本人の名義に限るものとします。
3. レゼルバペイメント利用者が提供するサービス又は商品の予約代金はレゼルバペイメント利用者が決定します。予約代金は消費税相当額を含みます。
4. 商品及びサービスの予約のキャンセルは、レゼルバペイメント利用者がキャンセル可能な日時の範囲に含まれる場合に限って可能です。キャンセル時は、レゼルバペイメント利用者のキャンセルポリシーに同意した上で行うものとします。予約履行日時を過ぎた場合、レゼルバペイメント利用者のお客様はご自身の予約についてキャンセル手続きを行うことができません。
5. レゼルバペイメント利用者の事情により、提供サービスが中止又は変更された場合であっても、当社は当該中止を告知する義務を負わず、また、当該中止に関していかなる責任を負わないものとします。
6. レゼルバペイメント利用者とレゼルバペイメント利用者のお客様間に発生したいかなる紛争については、レゼルバペイメント利用者とレゼルバペイメント利用者のお客様で解決するものとし、当社はいかなる責任を負わないものとします。
7. レゼルバペイメント利用者のお客様は、ご利用するクレジットカード会社等との間で別途契約する条件に従うものとし、クレジットカードのご利用に関連してご自身とクレジットカード会社等の間で紛争が発生した場合はご自身が解決するものとします。
8. 当社は、レゼルバペイメント利用者のお客様の責めに帰すべき事由 (予約時のメールアドレス又は電話番号等の連絡先の入力ミス、キャンセル未処理、又はレゼルバペイメント利用者及び当社からの連絡等を受領しないこと等を含む。)により発生する一切の損害等について、いかなる責任を負わないものとします。

制定日:平成26年10月2日
改定日:平成27年6月5日
改定日:平成27年8月11日
改定日:平成27年9月24日
改定日:平成27年12月9日
改定日:平成28年1月5日
改定日:平成28年2月10日
改定日:平成28年4月11日
改定日:平成28年9月9日
改定日:平成28年9月20日
改定日:平成29年8月17日
改定日:平成29年8月25日
改定日:平成29年11月10日