地域をつなぐ「カフェの店員になる旅」(川の上百俵館)

270分 ¥5,400(税込)

石巻市の北部に流れる北上川の河口から20キロほどに位置する川の上(かわのかみ)地区にある「まちの図書館」。それが「川の上・百俵館(ひゃっぴょうかん)」です。仙台駅からバスに揺られること1時間少々、「追波川運動公園」停留所でバスを降り、5分ほど歩いたところにあります。

元々はこの地域の農協が精米や搾油していた倉庫だったという、地域の営みを感じられる場所をリノベーションして、子どもも大人も、地域の人も外から訪れた人も。誰もがいつでも本を読み、学び、地域の未来に向けて語り合える場所、というと少しかたい印象も受けてしまいますが、気軽にお茶っこを楽しめる公共の場として2015年4月にスタートしました。

この「川の上」という地域には元々約400世帯が住んでいましたが、2017年以降、防災集団移転のため沿岸部からさらに約400世帯が移り住んでいます。そのように異なるバックグラウンドをもつ人たちが一緒になるため、新旧の住民が親睦を深める場をつくろう、という住民の想いのもとに百俵館は誕生したのです。


日程一覧

予約に関する注意事項