利用規約

【学習教材等利用規約】
1.本研究所での知的財産権・商標の帰属について
(1)本研究所で使用する学習教材等及び著作物は原則として本研究所の創作によるものであり、それらに関する著作権その他の知的財産権は、日本色彩心理学研究所に帰属するものとする。
2.本研究所の知的財産権・商標などの保護(学の品質保全)について
(1)利用者は、学習教材等について日本色彩心理学研究所が有する著作権、その他の知的財産権を尊重するものとし、日本色彩心理学研究所から事前の利用許諾を受けた場合又は法令等により認められている場合を除いて、学習教材等やそれらに包含される内容(一部・全部を問わず)を改変したり、複製・公衆送信・頒布・譲渡・貸与・利用許諾その他の知的財産権を侵害する行為をすることはできない。
3.本研究所の知的財産権・商標等の取り組みについて
(1)日本色彩心理学研究所の展開する講座については、あくまで受講者個人の利用の目的、個人の学習の目的のみに開示するものであり、当研究所の許諾なくして、他の営利目的に利用(改変を含む)することはできない。
(2)日本色彩心理学研究所で実施する色彩心理学療法内容及びワーク学習内容及び色彩心理学療法方法及びワーク方法(手順及び材料利用等)については、日本色彩心理学研究所における知的財産権であり、あくまで受講者個人の利用のみに限定しており、当研究所の許諾なくして、他の営利目的に利用(改変を含む)することはできない。
4.資格取得課程や専門課程、色彩心理学療法士養成課程における本研究所の知的財産権・商標等の取り扱いについて
(1)資格取得課程や専門課程、色彩心理学療法士養成などのインストラクター養成課程における学習教材に関しては、利用が上記項目の限りではないため、その都度、利用文書範囲及び学習教材(講義及び色彩心理学療法及びワークともに)を文書にして、日本色彩心理学研究所の承諾を取得するものとする。
5.色彩心理学療法士など資格取得者の展開における知的財産権・商標等の取り扱いについて
(1)学の品質維持及び日本色彩心理学研究所及び色彩心理学療法士等の資格者の知的財産権の確保のため、当研究所の有する講義資料及び色彩心理学療法内容及びワーク学習内容及び色彩心理学療法方法及びワーク方法(手順及び材料利用等)等は、本研究所が授与した対応する資格者のみが、研究所の承諾取得の上で利用できるものとする。