予約管理システム
予約 Mind Resilience マインドレジリエンス

利用規約

第1条(本規約の範囲及び変更)
マインドレジリエンスは、カウンセリングサービスおよび心理支援サービス(以下本サービス)において、利用者の心理的援助サービス、個人の心理的問題解決、並びに集団や地域における心の健康教育を支援するサービスを提供いたします。

マインドレジリエンスは、本サービスを提供するために、以下の通り利用規約を定めます。

本規約は、当サービス利用に際して、利用者とマインドレジリエンスとの間に適用されるものとし、利用者はサービスを利用するにあたり、自己責任で本規約を遵守するものとします。

また、マインドレジリエンスは、理由の如何を問わず、利用者が当サイトにアクセスし、本サービスを利用されたこと時点で、本規約に同意したものとみなします。


本規約に記載の用語はそれぞれ次のとおりです。


1)利用者とは当サイトにアクセスし、カウンセリングサービスおよび心理支援サービスを受ける者の事を指します。

2)本サービスとはマインドレジリエンスが本規約に基づき、利用する者に対して提供する心理カウンセリング・オンラインカウンセリングその他マインドレジリエンスが定めるサービスの事を指します。尚、 サービスの詳細についてはマインドレジリエンスが定めるものとします。

第2条 (保証の否認)

1)マインドレジリエンスは,本サイトにおいて提供される本サービス及び記事の内容等の正確性に対する保証行為を一切しておりません。 また,マインドレジリエンスは,利用者が各サービスを利用したことに起因する直接的又は間接的な損害に関して一切責任を負わないものとします。

2)利用者が本サービスが提供する情報を利用する際は、最終的な決定とそれに基づいた行動の結果に対する責任は利用者本人に帰することとします。

3 )マインドレジリエンスは,本サイト内のすべての情報,記事,画像等に,ウイルスなどの有害物が含まれていないこと,および第三者からの不正なアクセスのないこと,その他本サイトの安全性に関して一切の保証をしないものとします。


第3条 (情報の転載等の禁止)

1 )本サイトを構成するすべてのデータ,記事,画像等のすべての著作権は,マインドレジリエンス及び画像等の作成者に帰属します。閲覧者は,マインドレジリエンスが特段の事情がある と判断した場合を除き,本サイトの画像,データ及びプログラムを他のサイト,雑誌,広告等に転載できないものとします。ただし,閲覧者は,マインドレジリエンスの許諾を得た場合,本サイト上の記事及び文章をWEBサイト上において転載及び引用することができるものとします。

2)前項に違反して本サイトに掲載の情報等を無断で転載した場合,当マインドレジリエンスは,同違反者に対し,著作権法に基づく各処置(警告,告訴,損害賠償請求,差止請求,名誉回復措置等請求等)を行います。

第4条(損害賠償)

1)利用者等が本規約,本サイト内の各規約又は各ガイドライン及び法令の定めに違反したことにより,マインドレジリエンス及びマインドレジリエンスが業務提携する事業者等を含む第三者に損害を及ぼした場合,同利用者等は,当該損害を賠償する責任を負い,いかなる場合もマインドレジリエンス及びマインドレジリエンスが業務提携する事業者等を含む第三者を免責するものとします。

2)第3条に違反しマインドレジリエンス,マインドレジリエンスが業務提携する事業者等又は第三者に損害を与えた利用者等は,マインドレジリエンス,マインドレジリエンスが業務提携する事業者等及び他の利用者等又は第三者が受けたすべての損害を賠償する義務を負うものとします。

第5条 (各サービスの一時的な停止)

1) マインドレジリエンスは,以下の事由により,利用者に事前の通知なく,一時的に各サービスの提供を停止することができるものとします。各サービスの停止による直接又は間接に生じた利用者又は第三者の損失や損害について,マインドレジリエンスは,その内容,態様の如何に係わらず一切の責任を負わないものとします。

(1) 申込者が実在しない場合。

(2) 電話・電子メールで連絡が取れない場合。

(3) 天変地異などにより,各サービスの提供ができなくなった場合。

(4) 本規約に違反した場合

(5) マインドレジリエンスが提供するサービスに運営上・業務上支障をきたす場合

(6) 過去に違反があると判明した場合

2)マインドレジリエンスは,前項の理由により各サービスの一時停止を行った場合において,各サービスの継続的な提供が困難だと判断した場合,利用者等に対して通知を行わず各サービスを終了することができるものとします。

第6条 (合意管轄等)

1)本規約に関連して,利用者とマインドレジリエンスとの間で紛争が生じた場合には,双方は,ともに誠意をもって協議するものとします。

2)前項により協議をしても解決しない場合は,名古屋市地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

3)本規約の準拠法は,日本国法とします。

第7条 (利用者の行為)

1)利用者が本サイトを利用して送受信する場合,同送受信内容は,利用者自らが責任を負うものとします。

2)利用者は,利用者のインターネット接続環境等によって,本サービスを利用又は閲覧するために通信費等が別途必要となることに同意し,同通信費等の一切を同利用者が負担するものとします。

3)利用者は,利用者のインターネット接続環境等によって,本サービスの一部を閲覧又は利用できない可能性があることを予め了承するものとします。

4)カウンセリングサービス、心理支援サービスを受けた結果、利用者が万が一不利益を被った場合、虚偽や悪意のある情報を提供した場合を除き、利用者の自由な判断や意志により情報利用をしたとみなし、マインドレジリエンスは一切の責任を負わないものとします。

第8条 (本規約の変更)

マインドレジリエンスは,マインドレジリエンスの都合により,本規約の内容を必要に応じ予告なくして改定することができ,利用者は,本サイトを利用する際,その都度,本規約の内容を確認するものとします。改定後に利用者が各サービスを利用した場合には,改定に同意したものとみなします。なお,本ページを確認しなかったことに起因 する直接または間接に生じた利用者及び第三者に与える損害については,その内容,態様の如何に係わらず,マインドレジリエンスは一切の責任を負わないものとします。

第9条 (キャンセル規定)

当日にお客様のご都合によるキャンセルにつきましては、カウンセリング料金の100%を請求致します。

第10条 (返品・返金について)

本サービスの性質上、返品・返金はできません。

第11条 (禁止事項)

利用者は、本サービスの利用にあたり、次のいずれかにあたる行為をしてはならないとします。

1)カウンセラーを誹謗・中傷する行為

2)カウンセラーの個人情報を聞き出す行為

3)カウンセラーに対するストーカー行為、またはその他のの身体・生命・自由・名誉・財産等に対して害悪を加える行為

4)カウンセラーへの物品販売等の営利目的の行為

5)カウンセラーへの宗教活動や特定団体に勧誘する行為

6)カウンセラーのプライバシー権、肖像権、またはその他の権利を侵害する行為

7)カウンセラー、またはサービスサイトの信用、もしくは名誉を損失させる行為

8)マインドレジリエンスの設備に不正にアクセスしたり、本サービスに関する情報を改ざん・消去したり、コンピューターウイルスをプログラムするなどの行為

9)法令・公序良俗に反する行為

10)カウンセラーと個人的に会う行為

第12条 (その他)

マインドレジリエンスが提供する本サービスは、医療行為ではありません。その為、医療行為となる診断・診察・治療は行っておらず、医療保険の適用もありません。

マインドレジリエンスが提供する本サービスは、利用者の心理的な問題の解決を心理学的立場から行うことを目的としておりますが、完全な心理的な問題の解決を保証するものではありません。

未成年のご利用には、保護者の同意書が必要です。同意書がない場合は本サービスの提供は行うことはできません。また、同意書があった場合でも、マインドレジリエンスが本サービスの提供が難しいと判断し場合は、ご利用をお断りすることがあります。
広告