青函連絡船の博物館です。1988(昭和63)年3月13日の青函連絡船最後の日まで運航していた「摩周丸」を実際の乗り場であった旧函館第二岸壁に係留・保存して公開しています。
操舵室(船橋)・無線通信室が当時のまま残り見学できるほか、前部グリーン船室を展示室に改装して、実物部品・模型等を展示するとともに、パネル・映像で青函連絡船の歴史やしくみを解説しています。
[入館料]
一般(おとな・大学生):500円
児童・生徒(小中高生):250円
幼児・未就学児:無料
[団体割引料金(20人以上)]
一般:400円
児童・生徒:200円

営業時間
4月~10月:8時30分から18時(入館は17時まで)
11月~3月:9時から17時(入館は16時まで)
お問い合わせ電話番号
0138-27-2500
URL
http://www.mashumaru.com/
所在地
北海道函館市若松町12番地先 函館市青函連絡船記念館摩周丸
アクセス方法
・JR函館駅から徒歩4分
・市電函館駅前から徒歩5分
・函館空港からバス約20分(函館駅前下車)
・函館空港からタクシー約15分

函館駅前から海(函館湾)方向(北西)へ向かうと、灰色の鉄の門(旧可動橋)と、上が白で下が青い船(摩周丸)が見えてきますので、そのまま海沿いに摩周丸へ向かってください。
船の脇にある建物(旧函館第二乗船口の一部)の階段をのぼった2階(一般の建物の3階相当)が乗船口です。エレベーター、エスカレーターはありません。
クルマの場合は、大型バス専用駐車場入口への道を進むと、摩周丸の前まで入ってこられます。バス駐車場に入ってしまわないよう、ご注意ください。