メニューを選んでください

  • 生理学II

    生理学教室では、無脊椎動物から霊長類までの多様なモデル生物や培養神経幹細胞を用いた研究を展開し、幹細胞医学研究における普遍的な分子基盤を解明してきました。これらの基礎研究と、患者さん由来のiPS細胞を用いた前臨床研究を有機 ...

     終了 

  • 解剖学教室 仲嶋研究室

    脳が作られる過程では、神経細胞は脳の中の深い場所で誕生して、その後ネットワークを作るために長い距離を移動してそれぞれ決められた場所へと配置されていきます。この整然とした神経細胞の配置が乱れると、システムとしての脳の機能が ...

     終了 

  • 皮膚科学教室

    皮膚は私たちの体を守るバリアです。そのバリアの主体は、表皮と呼ばれる細胞の層です。表皮の細胞は、毎日およそ50億個が垢となって失われ、新しい細胞と入れ替わっていきます。どうやってバリアを保ったまま細胞を入れ替えることができ ...

     終了 

  • 神経内科

    【脳の病気を知ろう –どんな病気があるの? どうして起こるの-】神経内科では、中枢神経(大脳・小脳・脊髄など)、末梢神経、筋肉を障害する様々な疾患を診療します。体の動きや感覚がおかしくなったり、考えたり覚えたりすることが ...

     終了 

  • 生理学I

    生理学Ⅰ教室 「来て見て感じて… 小脳 !?」生理学教室Ⅰでは”脳”の研究を行っています。今日は小脳を一例に、私たちの研究の一端をご紹介します。小脳って何?小脳ってどこにあるの?小脳って何をやってるの?―小脳にはまだまだ分か ...

     終了 

  • 電子顕微鏡研究室

    注目して頂きたいのは日本初導入された世界最高速の電子顕微鏡です。世界中でまだ合計2台しか本格通常稼働していない最新型で、値段は何と約7億円!もの電子顕微鏡が一般公開されています!信濃町キャンパス最古の建物で、第二次世界大戦 ...

     終了 

  • 病理学教室 金井研究室

    はじめに、病巣を顕微鏡で見て「がん」などの診断を確定する「病理診断医」の仕事を紹介します。顕微鏡を使って実際にがん細胞の“顔つき”を見て、症例ごとにがんの“たちの悪さ”が異なることを実感していただきます。次に、がん細胞か ...

     終了 

  • 小児科学教室

    「心臓の発生:ダイナミックな形づくり」 —生まれつきの心臓病(先天性心疾患)の研究のためにー 心臓は、私たちの体の中で最も早く発生する臓器です。母のお腹の中(胎内)にい る間にも、胎児の心臓は拍動を開始し、胎児の体に血液を送りま ...

     終了 

  • 眼科学教室 光生物学研究室

    近視にどんなイメージがありますか?メガネやコンタクトレンズで治す?実は近視って失明にもつながる恐ろしい病気なのです。日本、その中でも都会で近視の子供が爆発的に増えており、失明爆増待ったなし状態です。その危機を防ぐために我 ...

     終了 

  • 微生物免疫学 吉村研

    今年のノーベル賞は、免疫系がばい菌だけでなく、がんも退治してくれることに対して贈られました。当研究室では、免疫に参加する白血球とその役割を紹介し、機械を流れる白血球の特徴からその種類を当てる、というクイズを行います。

     終了